企業情報

社長挨拶

最先端技術応用の製品開発に挑む

■ いいモノづくりに徹して・・・。
[代表取締役] 坂本 慎一郎

いいモノをつくることに徹する。そのために、ひたすら創意と工夫を重ね、一途に挑戦しつづける。創業以来受け継がれてきたモノづくりへのこだわりこそ、常に独創的で高い信頼性を具えた製品を提供するエムティティの原動力です。多くのお客様にその長所と実績を認めていただいているDSP(高速デジタル信号処理)システム。永年にわたり蓄積された技術的ノウハウを内包した堅固な絶縁信号変換器。そして多様なお客様用途に対してカスタマイズされるIPC(産業用コンピュータシステム)など、いずれの分野においてもよりよいモノづくりへ向けての、いわば“コケの一念”が、お客様の様々な課題解決にお役に立ち得ていると、ひそかに自負しています。


■ 比類なき価値を、ご信頼に応える品質で。

エムティティの存在意義。それは、他にはない製品をご提供すること。そして、比類ない価値の結晶としての製品を、ご信頼を決して裏切ることのない品質でお渡ししていくこと、それこそエムティティが現在、そして未来に向けて存在しつづける意義であると信じます。国内でいち早く、DSP技術応用の製品開発に着手し、その成果は、モーション・コントロール、振動/音響解析、位置制御等々の分野で着々と採用実績を上げています。代表的な採用例は、半導体製造露光装置(ステッパー)、発電プラント診断装置、防災研究用振動発生装置、重粒子線ガン治療装置、磁気軸受等々広範に渉り、その他ほとんど枚挙にいとまなしとも云い得る程となっています。
また、トランス絶縁を大きな特徴とする信号変換器は、その標準品が30年以上に渉り多くのお客様に採用され、高い評価をいただいております。一方、OEM製品としても、発電プラント、空調システム、舶用機器等のメーカーによる採用が年々拡大をつづけています。
さらに、IPC製品では、標準カタログ製品の他に、お客様それぞれに異なる特殊な要求にお応えしての特性、形状、サイズをもつ製品の開発製造を推し進めております。それ等は、例えば、特殊印刷装置、半導体検査装置、表面実装機等々に搭載され、海外にて使用される事例も少なくありません。

産業用機器に求められる必須条件はその長期安定性、エムティティは先づこれを最重要として、品質、性能の両面において他との差異化をはかり、お客様要求によりよくお応えすべく全力を傾注いたします。
全てをお客様満足のために!




このページの先頭へ