製品情報[デジタル信号処理システム]

高速デジタル信号処理システム/SEAGULLシリーズ

アプリケーション別構成例/ラピッドコントロールプロトタイピングシステム

システムの特徴

  • マルチコアSOC(C66xDSP 1.2GHz×4コア)により高速制御が可能
  • MATLAB/Simulink(別途PASS/SEAGULL必要)により作成した制御モデルをシームレスに実行し、実行中の入/出力データのモニタリング、制御パラメータを変更することが可能
  • 開発環境として、ホストインターフェースライブラリィ、IOドライバ、サンプルプログラムを提供
  • PCI Express busをベースにしたオリジナルbusによりDSP⇔IO間にて高速データ転送を実現
  • アナログ入出力、デジタル入出力、カウンタ、PWM出力、シリアルエンコーダetcの多彩なIOをサポート
実績及び想定アプリケーション

  • サーボ制御
  • 車両、船舶運動制御
  • 免振制御
  • 加振制御
  • 磁気軸受制御
  • パワエレ制御
  • アクティブノイズコントロール
ラピッドコントロールプロトタイピングシステム
ブロック図(構成例)

ラピッドコントロールプロトタイピングシステム ブロック図
制御周期性能(ベンチマーク)

1CH 4ch 16ch 32ch 割り込みオーバーヘッド
Cプログラム スルー 3.70μs 3.71μs 3.89μs 4.11μs 0.2μs
PID 3.84μs 3.94μs 4.43μs 5.06μs
Simulink スルー 9.95μs
PID 11.45μs
※内部タイマ割り込み使用
※ADリードはDMA使用

ラピッドコントロールプロトタイピングシステム ブロック図




このページの先頭へ