製品情報[デジタル信号処理システム]

Speedgoat リアルタイム・ターゲットマシン

I/Oモジュール

概要

SpeedgoatのI/Oボードは、用途に合わせて様々な種類を取り揃えております。
リアルタイム・ターゲットマシンによって搭載可能なI/Oモジュールのフォームファクタ及び枚数が決まっており、拡張することで搭載モジュール数を増やすことが可能です。

I/Oモジュール

アナログ

■スペック

仕様/型式 マルチI/O

IO102
マルチI/O

IO132
IO133
マルチI/O

IO183
多CH AD

IO106-64/32
IO106-32/16
高速AD

IO104
高分解能AD

IO109
多CH DA

IO110
IO111
高速DA

IO107-SE
IO107-DF
IO108-SE
IO108-DF
高速AD/DA

IO130/IO131
電流タイプ

IO116
フォームファクタ PMC PMC mPCIe PMC PMC PMC PMC PMC PMC PMC
アナログ入力 CH数 32ch SE/16ch DF 8ch DF(IO132)
16ch DF(IO133)
8ch SE/4ch DF 64ch SE/32ch DF (-64/32)
32ch SE/16ch DF (-32/16)
8ch SE/8ch DF 12ch DF 8ch DF(IO130)
16ch DF(IO131)
8ch DF
分解能 16bit 16bit 16bit 16bit 16bit 24bit 16bit 16bit
電圧/電流レンジ ±10V, ±5V, 2.5V ±10V, ±5V ±10V, ±5V, 0-10V, 0-5V ±10V, ±5V, 2.5V, 0-5V, 0-10V ±10V, ±5V, ±2.5V ±10V, ±5V, ±2.5Vs/td> ±10V, ±5V 0-20mA, 4-20mmA
サンプリングレート モデルに依存 モデルに依存 モデルに依存 200kSPS(DMA対応) 2MSPS(DMA対応) 200kSPS(DMA対応) 200kSPS(DMA対応) モデルに依存
サンプリングモード 非同時 同時 非同時 同時 同時 同時 同時 非同時
アナログ出力 CH数 4ch SE 4ch SE(ISO132)
8ch SE(ISO133)
4ch SE 4ch SE 32ch SE(IO110)
16ch SE(IO111)
16ch SE(IO107-SE)
16ch DF(IO107-DF)
8ch SE(IO108-SE)
8ch DF(IO108-DF)
4ch SE(ISO130)
8ch SE(ISO131)
4ch DF
分解能 16bit 16bit 16bit 16bit 16bit 16bit 16bit 16bit
電圧/電流レンジ ±10V, ±5V, 2.5V ±5V, ±10V, ±10.8V, 0-5V,
0-10V, 0-10.8V
0-5V, 0-2.5V ±10V, ±5V, ±2.5V ±10.8V, ±10V, ±5V,
0-10.8V, 0-10V, 0-5V
±10V, ±5V, ±2.5V,
±1.25V
±10V, ±5V, 0-10V, 0-5V 0-20mA, 4-20mA
セトリングタイム 8μsec 10μsec 2μsec 10μsec 5μsec 10μsec 8μsec
サンプリングモード 同時 同時 同時 同時 同時 同時 同時
デジタル入出力 16TTL 14LVTTL(3.3V)/ 5V-tolerant 14LVTTL(3.3V) 16TTL DI 8 TLL
DO 8 TLL
▲top

デジタル

多チャンネルのデジタル入出力モジュールです。非絶縁/絶縁のデジタル入出力に対応可能です。

■スペック

仕様/型式 IO203 IO207 IO204 IO205 IO206
フォームファクタ PMC PMC PMC PMC PMC
絶縁 無し 無し フォトカプラ フォトカプラ フォトカプラ
デジタル入力チャンネル数 0~64ch※2 0~128ch※3 16ch 32ch
入力レベル TTL TTL 24V(Typ.) 24V(Typ.)
デジタル出力チャンネル数 0~64ch※2 0~128ch※3 16ch※1 32ch※1
出力レベル TTL TTL 24V(Typ.) 24V(Typ.)

※1 I/O204、I/O205のデジタル出力には別途外部電源が必要
※2 1ch毎にドライバにて設定
※3 8ch毎にドライバにて設定

デジタル
▲top

変位・角度

■シンクロ/レゾルバ/LVDT/RVDTベースモジュール

型式 IO421
フォームファクタ PCI
I/Oサブモジュール搭載枚数 3枚

■I/Oサブモジュール

仕様/型式 IO421-1 IO421-2 IO421-3 IO421-4 IO421-5
用途 LVDT/RVDT
測定
シンクロ/ゾルバ
測定
LVDT/RVDT
シミュレーション
シンクロ/ゾルバ
シミュレーション
励磁電圧出力
チャンネル 4ch(2,3,4線式) 4ch 3ch(2,3,4線式) 3ch 1ch
分解能 16bit 16bit / 24bit 16bit 16bit
入力電圧 2-28Vrms 2-28Vrms
90Vrms
入力インピーダンス 60kΩ 60kΩ
260kΩ
出力電圧 2-11.8Vrms
2-28Vrms
2-11.8Vrms
2-28Vrms
90Vrms
励起電圧 2-28Vrms 2-115Vrms
115Vrms
2-28Vrms 2-28Vrms
10-115Vrms
2-115Vrms(出力)
励起周波数 400Hz - 20kHz 50Hz - 20kHz 47Hz - 10kHz 47Hz - 10kHz 47Hz - 20kHz(出力)
トラッキングレート 190rps
セトリングタイム 100μsec未満 100μsec未満
▲top

通信

■シリアル

型式 IO503 IO504 IO511
フォームファクタ PMC PMC PMC
ポート数 4ポート 8ポート 4ポート
伝送方式 RS232C/422/485(UART) RS232C/422/485(UART) RS232/422/485(SDLC / HDLC)
伝送速度 RS232: 921.6kbps
RS422: 5.5296Mbps
RS232: 921.6kbps
RS422: 5.5296Mbps
RS232: 921.6kbps
RS422: 10Mbps
絶縁 非絶縁 非絶縁 非絶縁

■CAN/LIN

型式 IO601 IO611 IO612 IO613 IO614
フォームファクタ PMC PMC PMC PCIe/104 PCIe/104
ポート数 2xCAN または
1xCAN, 1xLIN
2xCAN, 2xLIN 4xCAN 2XCAN 4xCAN
1xLIN
対応CAN通信速度 CAN HS
CAN LS
CAN HS
CAN LS
CAN FD
CAN HS CAN FD
CAN HS
CAN HS
CAN LS
絶縁 有り 有り 有り 有り 有り
終端抵抗 無し 無し 無し 無し 無し

CAN HS(ISO 11898-3, ~1Mbaud)
CAN LS(ISO 11898-2, ~125kbaud)


■EtherCAT

型式 IO710 IO712 IO713 IO750
フォームファクタ PCI PMC PMC PCI
ポート数 1ポート 2ポート 4ポート 1ポート
通信速度 10/100/1000Mbps 10/100Mbps
EtherCAT マスター マスター マスター スレーブ
サポートプロトコル Real-Time UDP, Raw Ethernet, PTP(1588), XCP Master over UDP

■フィールドバス

型式 フォームファクタ 通信プロトコル
IO751 PCI, PCIe, mPCIe PROFINET(Controller)
IO752 PCI, PCIe, mPCIe PROFINET(Device)
IO753 PCI, PCIe, mPCIe Modbus TCP(Master)
IO754 PCI, PCIe, mPCIe Modbus TCP(Slave)
IO755 PCI, PCIe, mPCIe EtherNet/IP(Master)
IO756 PCI, PCIe, mPCIe EtherNet/IP(Slave)
IO672-1-SF PMC MIL-STD-1553, 1ch, single-function
IO672-1-MF PMC MIL-STD-1553, 1ch, multi-function
IO672-2-SF PMC MIL-STD-1553, 2ch, single-function
IO672-2-MF PMC MIL-STD-1553, 2ch, multi-function
IO672-4-SF PMC MIL-STD-1553, 4ch, single-function
IO672-4-MF PMC MIL-STD-1553, 4ch, multi-function
IO682 PMC ARINC 429
IO629 PMC ARINC 629
▲top

映像(カメラIF)

型式 フォームファクタ 対応規格 サポートイメージ DMA転送レート ピクセルクロック
IO811 PCIe CL(Base),PoCL 256K(pixels/line)×128K(lines/frame) 528MB/sec(max.) 85KHz(24bit)
▲top

共有メモリ

型式 フォームファクタ メモリ容量 対応共有メモリ 最大ノード数 転送レート
IO907 PCI or PCIe 128MB, 256MB 5565PIORC product family 256 43MByte/sec -180MByte/sec
▲top

温度/ひずみ測定

型式 IO171
フォームファクタ XMC
入力チャンネル数 16ch
対応熱電対 J, K, E, T, R, S, B, Nタイプ
対応測温抵抗体 Pt100, Pt500, Pt1000, NI500, NI1000
対応歪ゲージ フルブリッジ, ハーフブリッジ, クォーターブリッジ
冷接点補償 温度センサ(オンボード),温度センサ(外部入力,SE95,I2Cにより接続),任意の入力チャネルを冷接点補償に使用
▲top

HILS

■レジスタ

型式 フォームファクタ チャネル数 分解能 抵抗値範囲
IO921-8/10 PCI 10ch 8bit 0~255Ω
IO921-8/18 PCI 18ch 8bit 0~255Ω
IO921-12/05 PCI 5ch 12bit 0~4kΩ
IO921-16/05 PCI 5ch 16bit 0~65kΩ
IO921-24/03 PCI 3ch 24bit 0~16MΩ

■ポテンションメーター

型式 フォームファクタ チャネル数 分解能 抵抗値範囲
IO923-8/5 PCI 5ch 8 bit 0 ~ 255Ω
IO923-8/9 PCI 9ch 8 bit 0 ~ 255Ω
IO923-12/2 PCI 2ch 12 bit 0~ 4kΩ
IO923-12/4 PCI 4ch 12 bit 0~ 4kΩ
IO923-16/2 PCI 2ch 16 bit 0~65kΩ
IO923-16/4 PCI 4ch 16 bit 0~65kΩ
IO923-24/1 PCI 1ch 24 bit 0~16MΩ
IO923-24/3 PCI 3ch 24 bit 0~16MΩ

■ひずみゲージ

型式 フォームファクタ

チャネル数

ブリッジ抵抗値
IO973-6-350 PCI 6ch 350Ω
IO973-6-3000 PCI 6ch 3kΩ
IO973-6-2000 PCI 6ch 2kΩ
IO973-6-1000 PCI 6ch 1kΩ

■測温抵抗体

型式 フォームファクタ チャネル数 センサー 抵抗値範囲
IO970-PT100-6 PCI 6ch Pt100Ω 90Ω~ 250Ω
IO970-PT1000-6 PCI 6ch Pt1000Ω 900Ω~ 2500Ω

■リレースイッチ

型式 フォームファクタ チャネル数 スイッチタイプ
IO941-SPDT-32 PCI 32ch SPDT
IO941-SPST-32 PCI 32ch SPST
IO941-DPDT-25 PCI 25ch DPDT

■フォルトインサーション

型式 フォームファクタ チャネル数 スイッチタイプ スイッチ定格電流 フォールトバス数
IO983-02-75-2 PCI 75ch 電気機械式 2A 2
IO983-02-64-2 PCI 64ch 電気機械式 2A 2
IO983-02-36-2 PCI 32ch 電気機械式 2A 2
▲top

FPGA

型式 フォームファクタ FPGA ロジックセル HDL Coder対応
IO306 PMC Xilinx Spartan®-6 24k ×
IO307 PMC Xilinx Spartan®-6 25k ×
IO316 XMC Xilinx Spartan®-6 45k ×
IO317 XMC Xilinx Spartan®-6 45k ×
IO318 XMC Xilinx Spartan®-6 45k ×
IO322 XMC Xilinx Spartan®-6 45k ×
IO323 XMC Xilinx Spartan®-6 100k
IO331 PMC Xilinx Spartan®-6 150k
IO333 XMC Xilinx Kintex®-7 325k or 410k
IO335 XMC Xilinx Kintex®-7 325k
IO342 PCIe Xilinx Kintex® UltraScale™ 1.45M or 1.08M
IO397 mPCIe Xilinx Artix®-7 50k

型式 プラグイン型式 IO(※1) リアI/Oプラグイン
IO306 DIO:64ch TTL(3.3V) 非対応
IO307 DIO:16ch RS422/485, 32chTTL(3.3V) 非対応
IO316 DIO:64ch TTL(3.3V/5V) 対応
IO317 DIO:16ch RS422/485, 32chTTL(3.3V/5V) 対応
IO318 DIO:32ch RS422/485 対応
IO322,
IO323
AI:32ch SE/16ch DF, 16bit, ±24.576V/±20.48V/±10.24V/±5.12V/±2.56V/±1.28V/±0.64V,
1MSPS(max.),同時サンプル
AO:8ch SE, 0-5V/0-10V/0-10.8V,±5V/±10V/±10.8V, 100KSPS(max)
DIO:48ch TTL(3.3V/5V)
対応
IO331(※2),
IO333(※2)
IO331:無し,IO333:SFP×2 対応
IO33X-1 DIO:64ch TTL(3.3V/5V)
IO33X-1-LV DIO:64ch LVTTL(3.3V)
IO33X-2 DIO:30ch RS485
IO33X-3 DIO:16ch CMOS(5V), 22ch RS485
IO33X-4 DIO:30ch LVDS
IO33X-5 AI:2ch SMA, 16bit, ±3.4V(50Ω終端), 105MSPS(max), 同時サンプル
外部クロック入力, 外部トリガ入力, SMAコネクタ
IO33X-6 AI:16ch DF, 16bit, ±10.24V, 500kSPS, 同時サンプル
AO:8ch SE, 16bit, ±10V, セトリングタイム 10μs
DIO:16ch TTL(5V)
IO33X-7 AO:16ch SE, 16bit, ±10V, セトリングタイム 2μs
IO33X-8 AO:8ch SE, 16bit, ±10V, セトリングタイム 2μs
IO335 AI:24ch DF, 16bit, ±5V, 5MSPS, 同時サンプル
DI:3ch DF, 100Ω終端, ±200mV~±3.6V
対応
IO342(※3) フロントIO:FMC×2, SFP+×1
リアIO:QSE-020×1 (18ch SE LVCMOS /9ch DF LVDS)
MMCX×2 FireFly™×2 (各gigabit line×4ch)
非対応
IO342-51 QSFP+コネクタ×2, 8ch MTG
IO342-61 AI:4ch SMA 10bit 5GSPS(max)
IO342-62 AI:2ch SMA 14bit 5.7GSPS(max)
IO342-63 AI:4ch SMA 16bit 1GSPS(max) AO:4ch SMA, 16bit 2GSPS(max.)
IO342-81 DIO:68ch TTL(3.3V/5V)/34ch LVDS

(※1)DIOは1ch毎に入出力の設定が可能です。
(※2)IO331, IO333はIO33X-Xのプラグイン型式のモジュールを最大で1つ装着可能です。
(※3)IO342はIO342-Xのプラグイン型式のモジュールを最大で2つ装着可能です。


IO3xxにリアI/Oプラグインを装着することで、DIOのch数を増やすことが出来ます。

プラグイン IO
IO3xx-21 DIO:56ch TTL(3.3V/5V)
IO3xx-22 DIO:24ch TTL(3.3V/5V), 16ch RS422/485

(※1)DIOは8ch毎に入出力の設定が可能です。

▲top

FPGAコードモジュール

FPGAコードモジュールを組み合わせることで、ご要望に沿った機能を実現します。


■FPGAコードモジュール一覧

FPGA Code Module モジュール概要
PWM Generation 3相PWMまたは2相 + 外部トリガ出力
PWM Capture PWM測定、パルス幅、パルス周期、Duty比
QAD エンコーダ回転測定(A,B,Z相/アップダウン)
QAE エンコーダ(A,B,Z相)出力模擬
UART UART通信(物理層はRS422/RS485のみ対応)
EnDat Master EnDat マスタ(コントローラ側, Endat2.2対応)
EnDat Slave EnDat スレーブ(エンコーダ側, Endat2.1のみ対応)
SSI Master アブソリュートエンコーダからのデータ測定用モジュール
SSI Slave アブソリュートエンコーダシミュレート用モジュール
SSI2 Master SSI2インターフェスのCodechamp社製エンコーダからのデータ測定用モジュール
SSI2 Slave SSI2インターフェスのCodechamp社製アブソリュートエンコーダシミュレーション用モジュール
BiSS Master Renishaw社製エンコーダとの通信用BiSSプロトコルモジュール
BiSS Sniffer BiSSのMaster-Slave間のデータ監視モジュール
DIO 汎用デジタルI/Oモジュール
INT 全体のモデルとの同期、または外部信号を使用しての割り込み機能用モジュール
Synch 様々なI/Oモジュールとの同期用モジュール
SPI SPIモジュール(マスター/スレーブ設定可能)
I2C master I2Cマスターモジュール
I2C Slave I2Cスレーブモジュール
Analog input アナログ信号入力(対応モジュールのみ)
Analog output アナログ信号出力(対応モジュールのみ)

FPGAコードモジュールを使用するためのI/Oピンマッピングや、Simulinkでのドライバライブラリは
Speedgoat社から提供されます。また、FPGA構成用のビットストリームファイルは、.matファイルにて
提供されるため、別途FPGA開発用ツールをご用意頂く必要はございません。

▲top


.matファイルを書き換えることで、後からI/Oの仕様を変更できます。
.mat設定

FPGA I/OモジュールとHDL Corder™

FPGAコードモジュールを使用する場合、モデルはCPUで演算され、CPUがFPGA I/Oモジュールを制御
します。基本的なリアルタイム・ターゲットマシンのソフトウェア開発環境で利用可能です。

FPGA I/Oモジュール制御

HDL Corder™とHDL Corder™に対応するFPGA I/Oモジュールを組み合わせることで、モデルをFPGAで演算させることが出来ます。
モデルの高速な部分をFPGAで、低速な部分をCPUで演算することで、CPU単体で演算するよりも制御周期を高くすることが可能です。
エンジンのHILSといった高い制御周期を求められるアプリケーションに使用されます。

FPGA モデル演算

MATLAB®/Simulink®のHDL Corder™とSpeedgoat社のHDL Coder Integration Packageにより、Simulinkモデルを
FPGA I/Oモジュールに実装できます。HDL Coder Integration Packageには、CPUとFPGAが高速で通信する機能(DMA)
など、FPGA I/Oモジュールの機能を使用するためのサンプルモデルが付属します。

▲top


FPGA 実装フロー1 FPGA 実装フロー2 FPGA 実装フロー3 FPGA 実装フロー4 FPGA 実装フロー5 FPGA 実装フロー6 FPGA 実装フロー7
▲top




このページの先頭へ